« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月30日 (日)

SheevaPlug 請求書が来ました

8月28日にFedExから請求書が来ました。どうやらこちらのDAIさんからのコメントでも指摘があったように輸入消費税のようです。請求金額は\1,200で内訳は、

  • 関税 \0
  • 消費税 \600
  • 地方消費税 \100
  • 手数料 \500

となっていました。
コンビニか銀行振り込みで10日以内に支払いをしなさいとのことでしたので、コンビニで早速支払ってきました。ちなみに、銀行振り込みだと手数料がかかるようです。

| | コメント (0)

2009年8月29日 (土)

SheevaPlug Apacheインストール

Apacheはaptでインストールしても良いのですが、今使っている玄箱と比較したいので、いつものようにセルフビルドする方針で行きます。

  1. OpenSSLのヘッダーファイルをインストールします
    # apt-get install libssl-dev
  2. 作業用ディレクトリを作成します。(/opt/srcallにダウンロードしたソースファイル、/opt/srcをビルド作業ディレクトリにしています)
    # cd /opt
    # mkdir srcall
    # mkdir src
    # chmod 777 srcall src
  3. Apache 2.0.63のソースをダウンロードした後、ビルドしてインストールします。
    $ cd /opt/srcall
    $ wget http://www.meisei-u.ac.jp/mirror/apache/httpd/httpd-2.0.63.tar.gz
    $ cd ../src
    $ tar zxf ../srcall/httpd-2.0.63.tar.gz
    $ cd httpd-2.0.63
    $ ./configure --disable-ipv6 --disable-include --disable-env --disable-status --disable-autoindex --disable-asis --disable-imap --enable-auth-digest --enable-ssl --with-ssl=/usr
    $ su -
    # cd /opt/src/httpd-2.0.63
    # make
    # make install

httpd.confの設定などは後回しにします。とりあえずPHPが必要なのでこちらもセルフビルドします。 また、Apache2.0.63のconfigure,makeの時間をtimeコマンドで計測してみました。なお、比較対象は無印の玄箱(PowerPC 200MHz, メモリ64MB, OS:純正OS)です。

configure

sheevakuro-box
real 3m 47.402s 9m 32.803s
user 2m 13.120s 4m 55.290s
sys 1m 33.250s 4m 31.900s

make

sheevakuro-box
real 15m 26.416s 31m 31.129s
user 13m 21.240s 25m 10.390s
sys 2m 3.160s 6m 3.380s

続いてPHP5.2.10をセルフビルドします。

  1. 必要となる前提パッケージををインストールしておきます。
    # apt-get install libxml2 libxml2-utils libxml2-dev
    # apt-get install libjpeg62 libjpeg62-dev
    # apt-get install libpng12-0 libpng12-dev
    # apt-get install libgd2-xpm libgd2-xpm-dev
    # apt-get install bison flex re2c
  2. PHP5.2.10のソースをダウンロードした後、ビルドしてインストールします。
    $ cd /opt/srcall
    $ wget http://jp2.php.net/get/php-5.2.10.tar.gz/from/jp.php.net/mirror
    $ cd ../src
    $ tar zxf ../srcall/php-5.2.10.tar.gz
    $ cd php-5.2.10
    $ ./configure --with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs --enable-pcntl --enable-mbstring --enable-mbregex --enable-zend-multibyte --without-mysql --with-pear=/usr/local/lib/php --with-openssl=/usr --with-zlib --with-zlib-dir=/usr/lib --with-gd=/usr  --enable-gd-native-ttf --enable-gd-jis-conv --with-jpeg-dir=/usr/lib --with-png-dir=/usr/lib --with-xpm-dir==/usr/lib
    $ make
    # cd /opt/src/php-5.2.10
    # make install
    うーん、なぜかインストール中にこんなWarningがたくさん出ます...
    Warning: Cannot use a scalar value as an array in phar://install-pear-nozlib.phar/PEAR/ChannelFile.php on line ...
    ググってみたけど、pearまわりのトラブル?
    http://pear.php.net/go-pear をダウンロードしてphpで実行すればよいとか、もう一度make installでいけたとか、よく分かりません。とりあえず、make installをもう一回するとエラーが出ません。
    試しに、go-pearをやると今度はpear関連のファイル配置が変になるようで、pearが動かなくなってしまいます。
    とりあえず、pear versionでこんな感じ↓で出るので次に進みます。
    # pear version
    PEAR Version: 1.8.0
    PHP Version: 5.2.10
    Zend Engine Version: 2.2.0
    Running on: Linux sheeva 2.6.30.5 #1 PREEMPT Sun Aug 16 18:37:13 MDT 2009 armv5tel
  3. php.inを編集します。
    # cp -p php.ini-dist /usr/local/lib/php.ini
    # vi /usr/local/lib/php.ini
    [mbstring]
    mbstring.language = Japanese
    mbstring.internal_encoding = UTF-8
    mbstring.http_input = auto
    mbstring.http_output = EUC-JP
    mbstring.detect_order = auto
    mbstring.substitute_character = none;

    expose_php = Off
  4. httpd.confを環境に合わせて修正します。このあたりは、たくさん情報があると思いますので省略します。
  5. PHPの実行を高速化するため、eAcceleratorをインストールします。
    $ cd /opt/srcall
    $ wget http://bart.eaccelerator.net/source/0.9.5.3/eaccelerator-0.9.5.3.tar.bz2
    $ cd ../src
    $ tar jxf ../srcall/eaccelerator-0.9.5.3.tar.bz2
    $ cd eaccelerator-0.9.5.3/
    $ /usr/local/bin/phpize
    こんなWarningが出ます。
    configure.in:158: warning: AC_CACHE_VAL(lt_prog_compiler_static_works, ...): suspicious cache-id, must contain _cv_ to be cached
    ググってみるとautoconf2.63だとダメみたいなのでバージョン2.13を入れた後、再度phpizeを実行します。
    $ su -
    # apt-get install autoconf2.13
    # exit
    $ /usr/local/bin/phpize
    $ ./configure --enable-eaccelerator --with-eaccelerator-shared-memory --with-eaccelerator-sessions --with-eaccelerator-content-caching --with-eaccelerator-disassembler --with-eaccelerator-userid=80   ←80はApacheの起動ユーザのuidです。
    $ make
    # cd /opt/src/eaccelerator-0.9.5.3
    # make install
  6. /usr/loca/lib/php.iniにeaccelerator.iniの内容を追記します。以下は私の場合の設定内容です。
    • キャッシュ内容をメモリにのみ保持します。
    • 圧縮は無しにしています。
    • キャッシュサイズを32MBにしているため、/etc/sysctl.confに kernel.shmmax=67109888 を追加してkerelの共有メモリサイズを64MBに変更しています。(SheevaPlugのkernel.shmmaxのデフォルト値は32MBでした。)
    ;; eAccelerator
    zend_extension="/usr/local/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20060613/eaccelerator.so"
    eaccelerator.shm_size = "32"    ← 16MB以上に増やす場合は/etc/sysctl.confのkernel.shmmaxの値を増やして下さい。 
    eaccelerator.cache_dir = "/tmp/eac-cache" ← キャッシュ保存用ディレクトリ
    eaccelerator.enable = "1"
    eaccelerator.optimizer = "1"
    eaccelerator.check_mtime = "1"
    eaccelerator.debug = "0"
    eaccelerator.filter = ""
    eaccelerator.shm_max = "0"
    eaccelerator.shm_ttl = "0"
    eaccelerator.shm_prune_period = "0"
    eaccelerator.shm_only = "0"
    eaccelerator.compress = "0" ← 圧縮無し
    eaccelerator.compress_level = "9"
    eaccelerator.keys     = "shm_only" ← メモリのみキャッシュを保存する場合
    eaccelerator.sessions = "shm_only" ← メモリのみキャッシュを保存する場合
    eaccelerator.content  = "shm_only" ← メモリのみキャッシュを保存する場合
    eaccelerator.allowed_admin_path = "/usr/local/apache2/htdocs/control.php"
  7. 後はcontrol.phpをApacheのhtdocs(上の場合は/usr/local/apache2/htdocs)に入れて動作確認します。
  8. Apacheの自動起動の設定を行います。
    # cd /etc/rc2.d
    # ln -s /usr/local/apache2/bin/apachectl S97apache
    # cd /etc/rc0.d
    # ln -s /usr/local/apache2/bin/apachectl K10apache
  9. Apacheのログローテーションの設定をします。
    # vi /etc/logrotate.d/httpd
    月1回、2世代まで保管する場合の例
    /usr/local/apache2/logs/*_log {
        monthly
        rotate 2
        postrotate
            /usr/local/apache2/bin/apachectl restart
        endscript
    }

この後、玄箱からrep2のファイルを持ってきて実行させたところ正常に動作しました。なお、期待していた実行速度ですが、明らかに速い箇所と、1.5倍ぐらいの速さのところがあり、まだまだチューニングが必要なようです。(素直にaptで入れた方が実行速度が速いって事はないよね...)

| | コメント (2)

2009年8月25日 (火)

SheevaPlug OS設定

カーネル更新まで完了したので、OSの設定に入ります。

  1. SDカードからブートします。
  2. IPアドレスを固定します。
    # vi /etc/network/interfaces
    auto eth0
    iface eth0 inet dhcp
    # /usr/share/doc/ifupdown/examples for more information.
      ↓以下の通り修正
    auto eth0
    iface eth0 inet static
        address 192.168.1.100
        netmask 255.255.255.0    
        network 192.168.1.0
        broadcast 192.168.1.255
        gateway 192.168.1.1
  3. rootのパスワードをデフォルト値から変更します。
    # passwd
  4. 一般ユーザを追加します。
    # useradd -u 1001 -g users -m -s /bin/bash ユーザ名
    # passwd ユーザ名
  5. sshでrootのログインを禁止します。
    # vi /etc/ssh/sshd_config
    PermitRootLogin yes
      ↓
    PermitRootLogin no
  6. 一度リブートします。
  7. サービスのON/OFFをするため、sysv-rc-confをインストールします。
    # apt-get install sysv-rc-conf
  8. サービス一覧を表示し、不要なサービスを停止します。
    # sysv-rc-conf
    # sysv-rc-conf samba off
  9. aptにてインストール済みパッケージを更新します。
    # apt-get update
    # apt-get -u upgrade
  10. /var/log/messagesに  -- MARK -- が定期的に記録されるのを止めます。
    # vi /etc/init.d/sysklogd 2009/8/26訂正(修正するファイルを間違えていました)
    # vi /etc/default/syslogd
    SYSLOGD=""
      ↓
    SYSLOGD="-m 0"
    # /etc/init.d/sysklogd restart
  11. gccなどの開発ツールをインストールします。 2009/8/26訂正(makeなどが入っていませんでした)
    # apt-get update
    # apt-get install build-essential
    # apt-get install libtool
  12. ホスト名を変更します。あわせてhostsも更新したあとリブートして反映します。
    # vi /etc/hostname
    # vi /etc/hosts
    # shutdown -r now

今日はここまで。明日以降Apacheを入れる予定です。

| | コメント (0)

2009年8月24日 (月)

SheevaPlug SDカードと内蔵フラッシュを疑似マルチブート

Plug Wikiのこちらの記事を見ていると、SDカードでブートしてみてブートできなければ内蔵フラッシュメモリからブートさせることができるようなので、早速やってみました。

  1. ubootから以下の環境変数を設定します。
    Marvell>> setenv bootargs_nand 'rootfstype=jffs2 console=ttyS0,115200 mtdparts=orion_nand:0x400000@0x100000(uImage),0x1fb00000@0x500000(rootfs) rw root=/dev/mtdblock1'
    Marvell>> setenv bootcmd_nand 'setenv bootargs $(bootargs_nand); nand read.e 0x800000 0x100000 0x400000; bootm 0x800000'

    Marvell>> setenv bootargs_sd 'console=ttyS0,115200 mtdparts=orion_nand:0x400000@0x100000(uImage),0x1fb00000@0x500000(rootfs) rw root=/dev/mmcblk0p3 rootfstype=ext2 rootdelay=3'
    Marvell>> setenv bootcmd_sd 'setenv bootargs $(bootargs_sd); mmcinit; ext2load mmc 0:1 0x800000 /sheeva-2.6.30.5-uImage; bootm 0x800000'

    Marvell>> set bootcmd 'run bootcmd_sd; run bootcmd_nand'
  2. 環境変数を保存します。
    Marvell>> saveenv

これで、SDカードがセットされていればSDカードから、SDカードがない場合は内蔵フラッシュメモリからブートするようになりました。

| | コメント (0)

SheevaPlug SDカードからの起動 その2

前回はrootファイルシステムのみSDカード、カーネルイメージは内蔵フラッシュという少し中途半端なところまでしかいけませんでした。
ということでリベンジです。今度こそSDカードのみで使えるようにしてみたいと思います。

  1. 内蔵フラッシュからOSを起動します。
  2. SDカードをセットし、パーティション作成します。(今回は/bootを256MB, swapを512MB, 残りを/にします。)
    # fdisk /dev/mmcblk0
    Command (m for help): o
    Command (m for help): n
    Command action p
    Partition number (1-4): 1
    First cylinder (1-2046, default 1):
    Last cylinder, +cylinders or +size{K,M,G} (1-2046, default 2046): +256M

    Command (m for help): n
    Command action p
    Partition number (1-4): 2
    First cylinder (136-2046, default 136):
    Last cylinder, +cylinders or +size{K,M,G} (136-2046, default 2046): +512M

    Command (m for help): n
    Command action p
    Partition number (1-4): 3
    First cylinder (405-2046, default 405):
    Last cylinder, +cylinders or +size{K,M,G} (405-2046, default 2046): そのまま[Enter]

    Command (m for help): t
    Partition number (1-4): 2
    Hex code (type L to list codes): 82

    Command (m for help): w
    Command (m for help): q
  3. フォーマットします。
    # mkfs -t ext2 /dev/mmcblk0p1
    # mkfs -t ext2 /dev/mmcblk0p3
    # mkswap /dev/mmcblk0p2
  4. 前々回カーネルを更新したときのsheeva-2.6.30.5-uImageを/bootになる領域にコピーします。(前回/rootで作業したため、sheeva-2.6.30.5-uImageは/rootに残っています。)
    # mount /dev/mmcblk0p1 /mnt/sdcard
    # cp -p /root/sheeva-2.6.30.5-uImage /mnt/sdcard
    # umount /mnt/sdcard
  5. rootファイルシステムをSDカードにコピーします。
    # mount /dev/mmcblk0p3 /mnt/sdcard
    # cp -ax / /mnt/sdcard
    # cp -a /dev /mnt/sdcard
    # umount /mnt/sdcard
  6. リブートしてubootに移行したあと、環境変数を設定します。
    Marvell>> set bootargs 'console=ttyS0,115200 mtdparts=orion_nand:0x400000@0x100000(uImage),0x1fb00000@0x500000(rootfs)rw root=/dev/mmcblk0p3 rootfstype=ext2 rootdelay=3'
    Marvell>> set bootcmd 'mmcinit; ext2load mmc 0:1 0x800000 /sheeva-2.6.30.5-uImage; bootm 0x800000'
  7. OSを起動します。
    Marvell>> boot
  8. OSを起動後、swapを有効にします。(2009/10/14デバイス名修正)
    # swapon /dev/mmcblk0p2
  9. swap,/bootをfstabに追加します。(2009/8/25追記)
    # mkdir /boot
    # vi /etc/fstab
    /dev/mmcblk0p2 swap  swap defaults 0 0
    /dev/mmcblk0p1 /boot ext2 defaults 0 0

今度はbootargsのmdtpartsを設定したため、OS起動時に uncorrectable error : <3>uncorrectable errorが出ません。心なしか起動も速いような感じがします。

また、bootcmdで使用しているext2loadコマンドですが、こちらによると引数は以下のような意味があるようです。

mmc インターフェイス (mmcはSDカードを指す)
0:1 デバイス番号(0~):パーティション番号(1~)  (デバイス0のパーティション1を指す)
0x800000 ロードするアドレス
/sheeva-2.6.30.5-uImage ロードするファイル名

また、Plug Wikiのこちらの記事も参考になります。

| | コメント (2)

SheevaPlug SDカードからの起動

一度更新したubootですが、SDカードからの起動に対応していないため、対応版に更新します。 本来はこのあたりを参考にubootのパッチ当てと再コンパイルが必要なのですが、Windowsマシンで作業しているため、「Hisao's blog」さんがこちらで公開されているコンパイル済みのバイナリを使用させていただきます。 手順としては以下の通りです。

  1. 上記で公開されているコンパイル済みのバイナリをダウンロードし、u-boot-rd88f6281Sheevaplug_400db_nand-sd.binにリネームします。
  2. 前回と同じようにtftpd32のCurrent Directoryで設定したディレクトリにコピーします。
  3. 前回と同じようにXPマシンとクロスケーブルで接続して起動し、IPアドレスを設定します。
  4. ubootを更新します。
    Marvell>> bubt u-boot-rd88f6281Sheevaplug_400db_nand-sd.bin
    Using egiga0 device
    TFTP from server 192.168.2.222; our IP address is 192.168.2.10
    Filename 'u-boot-rd88f6281Sheevaplug_400db_nand-sd.bin'.
    Load address: 0x2000000
    Loading: #################################################################
             ###########################
    done
    Bytes transferred = 470920 (72f88 hex)

    **Warning**
    If U-Boot Endiannes is going to change (LE->BE or BE->LE), Then Env parameters should be overriden..
    Override Env parameters? (y/n) n  ← nを入力
    Erase 0 - 655360 ...
    Copy to Nand Flash...
    done
  5. 再起動します。
    Marvell>> reset
  6. 再度ubootに入りバージョンを確認します。(ビルド日付が2009/8/22になっているはずです。)
    Marvell>> version
    U-Boot 1.1.4 (Aug 22 2009 - 11:36:42) Marvell version: 3.4.16
  7. 内蔵フラッシュからOSを起動します。
    Marvell>> boot

ubootが更新できたら、内蔵フラッシュのファイルをSDカードにコピーし、SDカードからブートできるようにします。

  1. SDカード(私の場合は4GBを使用)をスロットに差し込みます。
  2. SDカードを認識しているか/var/log/messagesを確認します。(mmcblk0が認識されているはずです。)
  3. SDカードにパーティションを作成します。
    # fdisk /dev/mmcblk0
  4. 私の場合は、/で2GB, swapで512MB, 残りをWeb serverコンテンツ用(/www)にしました。
  5. SDカードをフォーマットします。
    # mkfs -t ext2 /dev/mmcblk0p1
    # mkfs -t ext2 /dev/mmcblk0p3
    # mkswap /dev/mmcblk0p2
  6. SDカードをマウントして内蔵のフラッシュメモリの内容をコピーします。
    # mkdir /mnt/sdcard
    # mount /dev/mmcblk0p1 /mnt/sdcard
    # cp -ax / /mnt/sdcard
    # cp -a /dev /mnt/sdcard
  7. リブートしてubootに入ります。
  8. bootargsを変更し、SDカードからブートします。
    Marvell>> setenv bootargs console=ttyS0,115200 root=/dev/mmcblk0p1
    Marvell>> boot
  9. OS起動後、dfで/の容量を確認します。
  10. swapを有効にします。
    swapon /dev/mmcblk0p2
  11. /dev/mmcblk0p3を/wwwにマウントするようにします。
    # mkdir /www
    # vi /etc/fstab
    /dev/mmcblk0p3 /www ext2 rw 1 1
  12. swapをfstabに追加します。(2009/8/25追記)
    # vi /etc/fstab
    /dev/mmcblk0p2 swap  swap defaults 0 0
  13. リブートして確認します。(ubootに入った後、bootargsを15の通りに設定してからbootして下さい。そのままbootすると内蔵のフラッシュメモリからbootします。)

これでSDカードからブートできるようになりました。SDカードからのブートをメインにする場合は、bootargsを変更後、saveenvで保存して下さい。
なお、起動時に uncorrectable error : <3>uncorrectable errorなどが表示されるようです。もう少し修正が必要なのかもしれません。

2009/08/24 追記
どうやら、この設定ではカーネルイメージは内蔵フラッシュから読み込んでいるようです。(bootcmdがnand readのままのため) 出直してきます...

| | コメント (0)

SheevaPlug カーネル更新

カーネル更新の前に、まず、ネットワークが使えるようにします。

  1. DHCPでDNSサーバ情報が反映されない不具合を修正します。
    # vi /etc/dhcp3/dhclient.conf
    以下の行をコメントアウトします。
    supersede domain-name-servers 127.0.0.1;
  2. タイムゾーンを設定します。
    # dpkg-reconfigure tzdata
    メニューでAsia→Tokyoを選択
  3. ntpで時刻をあわせます(ntp1.jst.mfeed.ad.jpの名前解決がまだできないためIPアドレスを直接指定)
    # ntpdate 210.173.160.27

    # hwclock -w
  4. hostsファイルの以下の不要なエントリーをコメントアウトします。
    # vi /etc/hosts
    91.189.88.36 ports.ubuntu.com

起動時になぜか変な時刻にしてたりする箇所をがあるので、修正しておきます。

# vi /etc/rc.local

以下の行をコメントアウトします。

insmod /boot/fat.ko
insmod /boot/vfat.ko
/root/discoverd
cd /
date 012618002009
hwclock -w

ロケールを設定します。

# locale-gen ja_JP.UTF-8
# echo 'LANG="ja_JP.UTF-8"' > /etc/default/locale

一度リブートします。

# shutdown -r now

OS起動後 wgetをインストールします。

# apt-get install wget

カーネルの更新を行います。

# wget http://sheeva.with-linux.com/sheeva/README-2.6.30.5
# chmod u+x README-2.6.30.5
# ./README-2.6.30.5

一度リブートしてubootに入ります。

# shutdown -r now

ubootに入って環境変数を変更します。

Marvell>> setenv mainlineLinux yes
Marvell>> setenv arcNumber 2097
Marvell>> setenv bootargs rootfstype=jffs2 console=ttyS0,115200 mtdparts=orion_nand:0x400000@0x100000(uImage),0x1fb00000@0x500000(rootfs) rw root=/dev/mtdblock1
Marvell>> saveenv

OSを起動します。

Marvell>> reset

OS起動後、カーネルが更新されていることを確認します。

# uname -a
Linux debian 2.6.30.5 #1 PREEMPT Sun Aug 16 18:37:13 MDT 2009 armv5tel GNU/Linux

| | コメント (2)

2009年8月23日 (日)

SheevaPlug uboot更新

とりあえず手持ちのWindows XPマシンと接続してみる。(XPマシンには予めTeraTermをインストールしておいてください。)

  1. 付属のSheevaPlug Development Kit Version 1.2のCDからSheevaPlug_Host_SWsupportPackageWindowsHost.zipを解凍
  2. SheevaPlugと付属のUSBケーブルでXPマシンと接続
  3. SheevaPlugの電源をONにするとドライバのインストールを要求される
  4. 1.のドライバを指定するとドライバーがインストールされる
  5. TeraTermからシリアルポートの速度を115200bpsで開く

しばらく待つとTeraTerm上にOSの起動メッセージが表示されます。[Enter]を押すと

Ubuntu jaunty (development branch) debian ttyS0

debian login:

と表示されるので、一度rootでログインします。(パスワードはnosoup4uです。)

ubootのバージョンを確認するため、shutdown -r now でリブートします。

Hit any key to stop autoboot:  0

と表示されたら[Enter]キーを押してubootに入り、versionコマンドでバージョンを確認

Marvell>> version
U-Boot 1.1.4 (Mar 19 2009 - 16:06:59) Marvell version: 3.4.16

不具合ありバージョンみたいです。
ということで、ubootを更新します。

  1. ここからtftpd32をダウンロードし、解凍しておきます
  2. 付属のSheevaPlug Development Kit Version 1.2のCDからSheevaPlug_U-Boot.zipを解凍します
  3. tftpd32を起動し、CurrentDirectoryに2.で解凍したSheevaPlug_U-Boot\U-Boot - Imageを指定します
  4. XPマシンとEthernetケーブル(クロスケーブル)で接続します
  5. TeraTermから以下のように入力してIPアドレスを設定します
    Marvell>> set ipaddr 192.168.2.10   ← SheevaPlugのIPアドレス
    Marvell>> set serverip 192.168.2.222 ← XPマシンのIPアドレス
    Marvell>> set netmask 255.255.255.0
  6. 環境変数を表示しメモしておきます
    Marvell>> printenv
  7. NANDに環境変数を保存しておきます
    Marvell>> saveenv
  8. tftpでubootを更新します
    Marvell>>  bubt u-boot-rd88f6281Sheevaplug_400db_nand.bin
    Override Env parameters? (y/n) n  ←必ずnを選択
  9. リブートして確認します
    Marvell>> reset
  10. 再度ubootに入りバージョンを確認します
    Marvell>> version
    U-Boot 1.1.4 (Apr  9 2009 - 12:23:12) Marvell version: 3.4.16
  11. ubootのバージョンが更新できていたら、OSを起動します。
    Marvell>> boot

今日はこのへんまで。明日からKernelの更新に入ります。(用意しておいたLinuxマシン使ってないなあ...)



| | コメント (7)

2009年8月22日 (土)

SheevaPlug到着

8月22日にようやく到着しました。
ちなみにログインして確認しても、まだTracking Numberは、「Pending From FedEx ShipManager 」のままです。

いったいどうなってるのやら。ちなみに添付の資料を見ると出荷日は8月18日でした。ログイン画面では8月13日出荷なのに、全然違うじゃないですか。

| | コメント (0)

2009年8月14日 (金)

SheevaPlug出荷 キター!

こちらの続きです。

あの後、8月12日の夜にGlobalscale Technologiesに出荷がいつ頃になるのかを再度問い合わせてみたところ、翌朝メールが返ってきました。

Due to the demand of certain components, currently we are fulfilling all back orders for now.
We expect to receive next lot production in by August 21, 2009.

どうも部品が2009年8月21日になるとのこと。出荷は9月頃からかな、とあきらめていたところ、先ほどログインして確認すると

Shipping Status
Shipped via FedEx International Economy|84.97|0.00 on 8/13/2009 1:00:23 PM Tracking Number: Pending From FedEx ShipManager

出荷されてるじゃん。

まだFedExの出荷番号がついてないようですが、とりあえず出荷されているようです。
来週ぐらいには来るかな?

| | コメント (6)

2009年8月12日 (水)

5週間経過してもSheevaPlugが来ない...

SheevaPlug、5週間経過しましたが全然来そうにありません。
どうも前回のメールの通り、8月中旬に部品が来て、それから生産して9月に到着になるのでしょうか?

なお、6月初旬に注文した方々には、到着しているようです。
以下勝手にリンクさせてもらってます。
その1
その2
その3
その4
その5

その5の方だけ、7月上旬の注文でもう既に出荷されたようです。私も7月初旬の注文なのに全然出荷されそうにないです...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »