« SheevaPlug uboot更新 | トップページ | SheevaPlug SDカードからの起動 »

2009年8月24日 (月)

SheevaPlug カーネル更新

カーネル更新の前に、まず、ネットワークが使えるようにします。

  1. DHCPでDNSサーバ情報が反映されない不具合を修正します。
    # vi /etc/dhcp3/dhclient.conf
    以下の行をコメントアウトします。
    supersede domain-name-servers 127.0.0.1;
  2. タイムゾーンを設定します。
    # dpkg-reconfigure tzdata
    メニューでAsia→Tokyoを選択
  3. ntpで時刻をあわせます(ntp1.jst.mfeed.ad.jpの名前解決がまだできないためIPアドレスを直接指定)
    # ntpdate 210.173.160.27

    # hwclock -w
  4. hostsファイルの以下の不要なエントリーをコメントアウトします。
    # vi /etc/hosts
    91.189.88.36 ports.ubuntu.com

起動時になぜか変な時刻にしてたりする箇所をがあるので、修正しておきます。

# vi /etc/rc.local

以下の行をコメントアウトします。

insmod /boot/fat.ko
insmod /boot/vfat.ko
/root/discoverd
cd /
date 012618002009
hwclock -w

ロケールを設定します。

# locale-gen ja_JP.UTF-8
# echo 'LANG="ja_JP.UTF-8"' > /etc/default/locale

一度リブートします。

# shutdown -r now

OS起動後 wgetをインストールします。

# apt-get install wget

カーネルの更新を行います。

# wget http://sheeva.with-linux.com/sheeva/README-2.6.30.5
# chmod u+x README-2.6.30.5
# ./README-2.6.30.5

一度リブートしてubootに入ります。

# shutdown -r now

ubootに入って環境変数を変更します。

Marvell>> setenv mainlineLinux yes
Marvell>> setenv arcNumber 2097
Marvell>> setenv bootargs rootfstype=jffs2 console=ttyS0,115200 mtdparts=orion_nand:0x400000@0x100000(uImage),0x1fb00000@0x500000(rootfs) rw root=/dev/mtdblock1
Marvell>> saveenv

OSを起動します。

Marvell>> reset

OS起動後、カーネルが更新されていることを確認します。

# uname -a
Linux debian 2.6.30.5 #1 PREEMPT Sun Aug 16 18:37:13 MDT 2009 armv5tel GNU/Linux

|

« SheevaPlug uboot更新 | トップページ | SheevaPlug SDカードからの起動 »

SheevaPlug」カテゴリの記事

コメント

情報の公開ありがとうございます。
いつも助かっております。
一応念のため・・・4番でhosts設定ファイルの場所が抜けておりますので、ご連絡致します。

投稿: ふりー | 2009年10月12日 (月) 18:45

ご指摘頂きました箇所、修正しましたのでよろしくお願いします。

投稿: xeon | 2009年10月12日 (月) 20:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SheevaPlug uboot更新 | トップページ | SheevaPlug SDカードからの起動 »