« SheevaPlug SDカードからの起動 その2 | トップページ | SheevaPlug OS設定 »

2009年8月24日 (月)

SheevaPlug SDカードと内蔵フラッシュを疑似マルチブート

Plug Wikiのこちらの記事を見ていると、SDカードでブートしてみてブートできなければ内蔵フラッシュメモリからブートさせることができるようなので、早速やってみました。

  1. ubootから以下の環境変数を設定します。
    Marvell>> setenv bootargs_nand 'rootfstype=jffs2 console=ttyS0,115200 mtdparts=orion_nand:0x400000@0x100000(uImage),0x1fb00000@0x500000(rootfs) rw root=/dev/mtdblock1'
    Marvell>> setenv bootcmd_nand 'setenv bootargs $(bootargs_nand); nand read.e 0x800000 0x100000 0x400000; bootm 0x800000'

    Marvell>> setenv bootargs_sd 'console=ttyS0,115200 mtdparts=orion_nand:0x400000@0x100000(uImage),0x1fb00000@0x500000(rootfs) rw root=/dev/mmcblk0p3 rootfstype=ext2 rootdelay=3'
    Marvell>> setenv bootcmd_sd 'setenv bootargs $(bootargs_sd); mmcinit; ext2load mmc 0:1 0x800000 /sheeva-2.6.30.5-uImage; bootm 0x800000'

    Marvell>> set bootcmd 'run bootcmd_sd; run bootcmd_nand'
  2. 環境変数を保存します。
    Marvell>> saveenv

これで、SDカードがセットされていればSDカードから、SDカードがない場合は内蔵フラッシュメモリからブートするようになりました。

|

« SheevaPlug SDカードからの起動 その2 | トップページ | SheevaPlug OS設定 »

SheevaPlug」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SheevaPlug SDカードからの起動 その2 | トップページ | SheevaPlug OS設定 »