メモ

2011年2月 7日 (月)

X06HTIIでframework-res.apkを復旧させる方法

X06HTII(SBM Froyo)でバッテリー表示を%表示にしたくて、framework-res.apkを入れ替えたら、Bootループで起動しなくなってしまいました。こんな時に限ってバックアップを取っていなかったという状態のため、あちこちSBM Froyoなframework-res.apkを探したのですが、どこにもなかったため、2.1のRUUから2.2のパッチをあてて2.2のframework-res.apkを作ってみました。

なお、以下の手順は私の環境(SLCD Desire)では復旧できましたが、動作を保証するものではありませんので、あらかじめご了承ください。(文鎮になったたら自分で頑張ってくださいということです。)

準備物

下準備

1.RUUから2.1のframework-res.apkを取り出す
(1)2.1のRUUを実行
(2)以下の画面が表示されるがそのまま置いておく
Ruu (3)rom.zipを検索しcopyする。(隠しファイルも検索対象にすること)
(4)copy後、[キャンセル]をクリック
(5)rom.zipからsystem.imgを解凍
(6)unyaffs.zipとcramfs-tools.zipを同じディレクトリに解凍
(7)system.imgを(6)のディレクトリに移動
(8)以下のコマンドでsystem.imgを解凍

 > unyaffs system.img

(9)system\framework\framework-res.apkを作業ディレクトリにコピー

2.SBM Froyoアップデートファイルからframework-res.apk.pを取り出す

3.adbで上記2つのファイルを/sdcard/tempにコピー

 > adb shell
$ su
# mkdir /sdcard/temp
# exit
$ exit

> adb push framework-res.apk /sdcard/temp
> adb push framework-res.apk.p /sdcard/temp

4.applypatch実行
applypatchの引数は、SBM Froyoアップデートファイル内のupdate-scriptに記載されたパラメータを使用します。

 # ls -l
----rwxr-x system   sdcard_rw  5277804 2011-02-07 10:59 framework-res.apk
----rwxr-x system   sdcard_rw   915411 2008-09-01 17:50 framework-res.apk.p

# applypatch framework-res.apk - 8549ec98567acdb4158314e2f3dc4ac4e474c45d 4966432 b6ade9a1639144e990f827abb4df0310f18f3035:framework-res.apk.p

applying patch to framework-res.apk
target 4966432 bytes; free space 117342208 bytes; retry 1; enough 1

# ls -l
----rwxr-x system   sdcard_rw  4966432 2011-02-07 20:20 framework-res.apk
----rwxr-x system   sdcard_rw   915411 2008-09-01 17:50 framework-res.apk.p

# rm framework.apk.p

リカバリーモードで焼く

1.リカバリーモードでadbしてframework-res.apkをコピー

 > adb shell
# mount /system
# mount /sdcard
# cp /sdcard/temp/framework-res.apk /system/framework/
# chmod 644 /syste/framework/framework-res.apk
# umount /system
# umount /sdcard

2.再起動

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

携帯契約状況メモ

2010/12/26 X06HTⅡ 新規契約 スパボ一括0円

2010/12/31 iPhone3GからT004にMNP シンプル一括0円+商品券2万円

2011/01/11 DisneyMobile解約

| | コメント (0)

2010年8月 7日 (土)

携帯電話の電源落ち対処方法

ちょっとしたメモ

折りたたみの携帯電話やスライド式の携帯電話を勢い良く閉めた時に電源が落ちたり、再起動したりする場合は電池の接触不良が原因かもしれない。

タダで出来る対処方法があるので、試してみると良いかも。

  1. 携帯電話の電源を切り、電池を取り出す。
  2. 電池側の端子と携帯電話側の端子をそれぞれHBの鉛筆でこする。
  3. 柔らかい布で鉛筆の粉を拭き取る。
  4. 電池を元に戻して、携帯電話の電源をONにする。
これだけで直るかも。ただし、直らなくても、また逆に携帯電話が壊れても当方では一切の責任を取れないので、試す方は自己責任でどうぞ。

元ネタは「コンタクトZ」でググって下さい。

ちなみに、当方ではAUのW52TとディズニーモバイルのDM002SHで効果が有りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

ESX 4.0上のVMのバックアップ方法を考えてみる

要件

  1. 別サーバ(Windows 2003)のタスクスケジューラに登録されたバッチファイルで実行
  2. バッチファイルにて、バックアップ前にVMをシャットダウン
  3. バッチファイルにて、バックアップ取得後VMを起動
  4. バックアップ先はできればCIFS(SMB)、ダメならNFS
  5. バックアップ先はバックアップ時だけマウントする、バックアップ後にアンマウント(バックアップ先が停止する場合があるので)
  6. バックアップ時に人の操作は不要であること(sshを使う場合はパスワード認証は無しとする)
  7. バックアップ失敗時はWindowsのイベントログにエラーを吐くこと

参考URL
ESX4.0でsmbを使う
http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=1010819
http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=242

パスワード無しでESXにsshで接続する
http://communities.vmware.com/docs/DOC-8890

ESXi/ バックアップ運用
http://www.masatom.in/pukiwiki/VMware/ESXi/%A5%D0%A5%C3%A5%AF%A5%A2%A5%C3%A5%D7%B1%BF%CD%D1/

| | コメント (0)

2010年7月 3日 (土)

ESX 4.0上のWindows 2000 ServerのVMがBlue Screenで落ちる

P2VでESX4.0に乗せたWindows 2000 Advanced Server SP3のVMがBlue Screenで落ちる。 いろいろ調べたところ、

  1. ESXのパッチが出てる。(VMware Toolsのアップデータも必要?)
  2. PAEオプションを外すと安定する場合がある。

ような感じ。とりあえず、両方試してみるかな。


VMware ESX 4.0, Patch ESX400-200911201-UG: Updates Core

Fixes an issue where virtual machines sometimes fail with a blue screen when hardware acceleration is enabled fully. Virtual machine fails displaying a blue screen when you run certain applications with the hardware acceleration enabled fully in Windows guest operating system. This is an issue with the SVGA driver, which is resolved in this release.


VMware ESX 4.0, Patch ESX400-201006201-UG: Updates the VMware ESX 4.0 Core and CIM components

A Physical Address Extension (PAE) enabled multiprocessor Windows 2000 virtual machine might stop responding on reboot, or fail randomly.


VMware ESXi 4.0, Patch ESXi400-201006201-UG: Updates Firmware

A Physical Address Extension (PAE) enabled multiprocessor Windows 2000 virtual machine might stop responding on reboot, or fail randomly.


Windows 2000 virtual machine fails with "Stop 0x0000001a" when using more than 4GB of memory

  • After using the PAE switch in a Windows 2000 virtual machine it bluescreens with "Stop 0x0000001a"
  • Moving back to 4GB stabilizes the virtual machine

There is a known Microsoft PAE issue. See Microsoft article 885272 for more details and apply the hotfix:
http://support.microsoft.com/kb/885272/en-us


A Microsoft Windows kernel bug causes the Windows system to fail/crash often issuing the error STOP 0x50

ESX 4.x

  • monitor_control.disable_eagervalidate_wide = TRUE
  • monitor_control.disable_patchseteagervalidate = TRUE (Required only for mulitprocessor virtual machines, also known as SMP virtual machines)

Random BSOD on Virtual Server

2000 Advanced Server SP4だが、PAEオプションを外すと安定したらしい。↑のMSのパッチはSP4に含まれていたらしい。

検索用キーワード: BSOD PAE STOPエラー VMware ESX


2010/07/08 追記

どちらを適用してもBSODで落ちることがなくなりました。いい感じです。

 

| | コメント (0)

2009年7月 1日 (水)

Mozilla Firefox 3.5に関するメモ

タブバーにある[+]ボタンを消す

userChrome.cssに以下を追加
.tabs-newtab-button {
    display:none !important;
}

最後のタブも閉じられるようにする

about:configで、browser.tabs.closeWindowWithLastTabをfalseに変更

 

| | コメント (0)

2009年6月 7日 (日)

メモ

手前にないウィンドウもカーソル下ならスクロール、逆回転や最前面表示も可能
ホイールスクロール支援「Wheel Redirector」v1.6.0

昔どこかで見た、パソコンを自作する話
昔懐かしのPCネットワーク環境

| | コメント (0)